第3ラウンドのスタート前に棄権し、頭を冷やしながら引き揚げる渋野日向子=コングレッショナルCC(共同)

 【ベセスダ(米メリーランド州)共同】女子ゴルフの渋野日向子が25日、米メリーランド州ベセスダのコングレッショナルCC(パー72)で行われたメジャー第3戦、全米女子プロ選手権の第3ラウンドを競技開始前に棄権した。関係者によると体調不良のためで、大会前から疲労や体の熱さを訴えていたという。2日目を終え54位で決勝ラウンドに進んでいた。

 この日はコースに姿を見せ、練習場で数球打ってから棄権を決断。新型コロナウイルスの検査も今後受けるという。関係者を通じ「世界最高峰のプレーヤーが集まる舞台で、最後までパフォーマンスできなかったことがとても悔しい」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます