北陸三県の新規感染者数

石川県内の感染状況

医療圏別感染者数

 石川県は25日、97人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数が2桁になるのは、47人だった21日以来で、感染者の累計は5万9588人となった。県モニタリング指標は病床使用率など3項目が改善した。

 新規感染者のうち経路不明は66人で、中等症は3人だった。年代別では10歳未満が20人と最も多く、30代19人、20代と40代が14人で続いた。

 クラスター(感染者集団)関連では、ときわ病院(野々市市)と福祉施設1件で1人ずつ陽性が確認された。病床使用率は8・8%(44床)、週の新規感染者は845人、経路不明者は577人に減少した。

 市町別では金沢市が42人で最多となり、小松市15人と続いた。県内の各自治体、教委などが発表した感染者は次の通り。

 ◇石川県▽2県立学校の生徒2人

 ◇金沢市▽2市立学校の児童生徒2人

 ◇津幡町▽井上保育園の園児1人

 ◇内灘町▽鶴ケ丘小の児童1人と教職員1人(該当学年は27日まで自宅待機、同日学年閉鎖)

無断転載・複製を禁じます