総合体育館の正面外観

競技場の完成予想パース

  ●館内貫く「スポーツモール」

 かほく市は23日、河北台中野球場に整備する「(仮称)総合体育館」の概要をまとめた。1840人収容の観客席を備え、バレーボールVリーグ1部女子・PFUブルーキャッツの試合に対応可能なアリーナや、武道場施設、トレーニングルームを整備する。メイン玄関から館内を南北に貫く「スポーツモール」も設け、にぎわいと交流を創出する。

 23日の市議会全員協議会で報告された。総合体育館は鉄骨造り2階建てで、延べ床面積は8758平方メートル。館西側に配置するアリーナは、1階に競技場と可動観客席252席、2階に階段状の固定観客席を設ける。車いす用も10席用意する。2階へは外階段から直接出入り可能にする。周囲に選手・スタッフエリア、運営エリア、バックヤードを分散配置。1階競技場に千席程度の仮設席を作ることもできる。

 館東側は1階に弓道場とトレーニングルーム、2階に柔剣道場を設置する。案内所などを置くスポーツモールは2階吹き抜けの開放的な空間とする。隣接する河北台体育館とは2階の渡り廊下でつながれ、Vリーグ試合時などのサブアリーナとしての活用を見込む。

 総合体育館の整備は、民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式を採用し、清水建設(東京)を代表企業とする「かほくPFIアリーナ株式会社」が担当する。事業費は約66億円。29日に現地で起工式を行い、2024年春の完成を予定する。

 市によると、河北台中野球場は、取り壊し予定の河北台健民体育館跡に移設される。

無断転載・複製を禁じます