大阪府東大阪市のセブン―イレブンの深夜営業を取りやめた元オーナーが契約を解除されたのを不当として、セブン本部に取引の再開を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は23日、請求を棄却した。

無断転載・複製を禁じます