集会で自民党候補の支援を呼びかける東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=22日午後、新潟市

 自民党は、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の就任に伴い離党した無所属の橋本聖子参院議員について、7月1日にも復党させる方針を固めた。組織委が6月末に解散して会長の任期が終わるため、復党する環境が整ったと判断した。複数の党関係者が22日、明らかにした。

 橋本氏は五輪相だった昨年2月、女性蔑視発言で組織委会長を辞任した森喜朗氏の後任として就いた。当初は党にとどまる考えだったが、五輪憲章が定める「政治的中立」に疑義が生じるとの野党の批判を受け、離党した。

無断転載・複製を禁じます