事件発生時間帯にアパート駐車場で目撃された男性の似顔絵(石川県警提供)

橋本清勝さん

 金沢市久安2丁目のアパートで2008年6月27日、会社員橋本清勝(きよかつ)さん=当時(22)=が殺害された事件で、石川県警捜査1課は21日、事件が発生した午後8時半ごろにアパート駐車場で目撃された男性の似顔絵を公開した。男性はアパート方向から現れ、駐車場にいた別の男性と合流し、裏通りへ歩いていった。事件は27日で発生から14年。県警は2人が何らかの事情を知っているとみて情報提供を呼び掛けている。

 似顔絵の男性は20代で、身長170~175センチの痩せ型。白のラインが入った黒のニット帽、黒のTシャツとジーンズを着用していた。アパートから出てきたかどうかは不明。合流した別の男性も20代で、黒っぽい服装だった。

 県警によると、2人に関して複数の目撃情報が寄せられている。2人は知り合いとみられるが、アパートの住人や1階にあった飲食店の客ではないという。県警のこれまでの調べでは、橋本さんの殺害は午後8~9時の間とされる。

 発生から14年後に新たな情報を明らかにしたことについて、県警捜査1課の千田季雪次席は「犯人とは断定できないが、目撃情報の信ぴょう性などを検討し、広く情報を集めるために公開した」と説明した。

 県警は5月末までに延べ4万7千人の捜査員を動員、約1550人から話を聞いている。現在も金沢中署に捜査本部を置き、30人体制で犯人を追っている。

  ●両親「決め手情報を」

 県警が新たな情報を公開したことについて、橋本さんの父充史さん(56)と母真由美さん(57)は「県警の犯人逮捕への執念を感じる。逮捕の決め手となる情報が寄せられることを期待したい」とコメントした。

 ★久安アパート殺人事件 2008年6月27日夜、金沢市久安2丁目のアパートで、一人暮らしの橋本さんがフライパンで頭を複数回殴られて殺害された。同29日夜に部屋を訪れた女性が橋本さんを見つけ、発覚した。

無断転載・複製を禁じます