2人が流されたとみられる現場付近=18日午後10時20分、白山市森島町の中村用水

 18日午後5時37分ごろ、白山市森島町の中村用水に、小学生ぐらいの男児が足を滑らせて転落、助けようとした男児の母親とみられる女性も流された。2人は約20分後、1・5キロ下流の同市中ノ郷町で見つかり、金沢市内の病院に運ばれたが心肺停止の状態となっている。

 白山署と白山野々市広域消防本部などによると、2人の親族とみられる女性から「子どもが流されてお母さんが川に飛び込んだ」と110、119番通報があった。同署によると、男児は用水路近くの柵をよじ登っていたところ、バランスを崩し用水路に転落したという。2人は県内の親子とみられ身元を調べている。

 現場は、白山市鶴来総合文化会館クレインから南に約1・3キロの住宅街で、新森島台町集会所付近とみられる。用水は幅約3メートルで当時の水深は約1メートルだった。

 近くに住む30代男性は「前日の雨で用水は水かさが増えていた」と話し、平常時より流れが急だった可能性がある。

無断転載・複製を禁じます