海王丸パークに設置された焼き芋の自動販売機(右)=射水市海王町

 障害者の所得向上と働く場所の提供に取り組む農福産業(宮崎県)は27日、射水市海王町の海王丸パークに、焼き芋の自動販売機を設置した。同社によると、全国に同自販機は約60台あり、北陸三県では初めてとなる。売り上げの一部が障害者の収入増加に役立てられる。

 芋は九州産の紅はるかで、袋詰めされた190グラム分が缶に入っている。約50度に温められたホットと約10度に冷えたコールドの2種類あり、1缶500円で購入できる。

 障害者就労支援事業所を運営する一般社団法人シビックプライド(射水市)が商品補充などの管理に当たる。販売状況が良ければ、増設などを検討する。

無断転載・複製を禁じます