北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」は25日、えい航中に水深182メートルの海底に落下したカズワンを再びつり上げるため、「スリング」と呼ばれるナイロン製の帯を取り付ける作業を始めた。深い海で作業ができる「飽和潜水」のダイバーは用いず、無人潜水機を使う。取り付けを終えれば、26日にも海面に浮き上がらせる。

無断転載・複製を禁じます