キリンビールの「一番搾り」

 キリンビールの缶酎ハイ「氷結」

 キリンビールは25日、主力商品の「一番搾り」を含むビール類や缶酎ハイ、ノンアルコール飲料、輸入洋酒を10月1日納品分から6~17%程度値上げすると発表した。家庭用ビール類の値上げは約14年ぶり。原材料の大麦やトウモロコシなどの価格上昇、原油高を受けた物流コスト増加などを理由に挙げている。

 値上げの対象は計278商品。値上げ幅はビール類や「氷結」を含む缶酎ハイ、ノンアルコール飲料が6~13%程度、ウイスキー「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年」を含む輸入洋酒が7~17%程度となる。

無断転載・複製を禁じます