銃撃事件で騒然とする小学校付近=米テキサス州ユバルディ(AP=共同)

 24日、米ワシントンのホワイトハウスに掲げられた、星条旗の半旗(AP=共同)

 米テキサス州ユバルディの現場

 【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州ユバルディのロブ小学校で24日、18歳の男が銃を乱射し、捜査当局は児童19人と教師ら2人の計21人が死亡したと明らかにした。男は現場近くに住むサルバドール・ラモス容疑者で、死亡した。現場に駆け付けた捜査当局者により殺害されたとみられる。米メディアが伝えた。

 バイデン大統領は事件を受けて演説し「他の国では乱射事件はほとんど起きない。なぜこのような殺りくを許しているのか」と憤り、銃規制強化を訴えた。

 米国の小学校が狙われた銃乱射事件としては、2012年に東部コネティカット州で児童ら26人が死亡した事件と並ぶ惨事となった。

無断転載・複製を禁じます