WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は24日の総会で、テドロス事務局長の再選を決めた。WHOトップとして新型コロナウイルス感染症の世界的大流行への対応を率いたテドロス氏は2期目に入る。任期は8月16日から5年。

 WHO事務局長選の候補者届け出は昨年9月下旬に締め切られ、テドロス氏以外に候補者は出なかったため、再選は事実上決定していた。

 テドロス氏はエチオピア出身。再選後、テドロス氏は「皆さんの信頼に感謝する」と述べ、意気込みを示した。

無断転載・複製を禁じます