加賀温泉郷を舞台にした映画「Lady Kaga(レディ・カガ)」で、加賀市と映画制作会社「ポリゴンマジック」(東京)は24日、同市内で行われるロケに参加するエキストラの募集を始めた。

 コロナ禍からの温泉街再生を目指す若女将(おかみ)たちがタップダンスショーの成功を目指し、困難を乗り越えながら成長していくストーリーで、俳優の小芝風花さんが主演を務める。北國新聞社が特別協力し、来年秋の公開を予定する。

 加賀市内でのロケは29日に始まり、6月中旬まで行われる。エキストラは性別や年齢は問わず、300人を募集する。撮影日は6月10~12日で、物語のラストシーンに観客として参加する。希望者は専用の応募フォームから申し込み、応募多数の場合は先着順となる。問い合わせは市観光交流課=0761(72)7900=まで。

無断転載・複製を禁じます