園内を彩る多種多様なバラ=氷見市稲積の氷見あいやまガーデン

 氷見市稲積の西洋風庭園「氷見あいやまガーデン」で、園内の250品種3千本のバラが見頃を迎え、多種多様な見応えある花が来園者を魅了している。

 園内には真っ赤な「レッドクイーン」や白色の「アイスバーグ」、ピンクの大輪の「マリアカラス」などが咲き誇り、県内のほか、関西、関東圏からの来園者が写真撮影や花の香りを楽しんだ。

 増井裕行ガーデンマネジャーは「天候に恵まれ、今年もしっかり咲いてくれて一安心。バラだけでなく、ほかの見頃の花や景色も楽しんでほしい」と話した。6月中旬まで楽しめる。

無断転載・複製を禁じます