浅野川に架かった海側環状の橋に絵を描く子ども=金沢市大河端町

 年内に供用開始予定の金沢外環状道路海側幹線(海側環状)の浅野川に架かる橋の上で21日、地元の金沢市大河端町と北寺町の親子130人が思い思いに絵を描いた。

 児童たちは階段で整備中の橋に上がり、路面にペンキで自分の名前やアニメキャラクターなどを描いた。

 高所作業車で高さ7メートルまで上って近隣の学校や田園の景色を楽しんだ。最後に小型無人機「ドローン」で上空から記念撮影した。

 県央土木総合事務所が企画した。浅野川小6年の谷内陽菜乃(ひなの)さんは「最初に歩くことができてうれしい」と笑顔を見せた。

  ●大河端-福久間、年内に開通予定

 海側環状は、県と市が大河端-福久間(延長3・2キロ)を整備している。年内に片側1車線通行で開通し、山側環状を含めた金沢外環状道路がつながる。

無断転載・複製を禁じます