石川県は独自の「県民飲食店応援食事券」について、25万冊の追加販売を決めた。累計発行数は75万冊となり、最大90億円分の需要喚起効果を見込む。7月24日としていた利用期限は9月末までに延長し、コロナで客足が遠のいた飲食店に活気を呼び戻す。

 20日発表した県6月補正予算案に追加販売分の事業費7億円を計上した。

 食事券は1万円で1万2千円分を購入でき、感染防止対策を取った飲食店で利用できる。第1弾の50万冊は4月18日に発売し、5月19日時点で20万5610冊が売れた。

  ●土日は商業施設で

 現在は県内の郵便局窓口で平日のみ販売しているが、仕事などで平日に購入できない人の利便性を高めるため、新たに土日は加賀、能登地域を含む商業施設数カ所でも販売する。

無断転載・複製を禁じます