政府は20日、新型コロナウイルス対応の水際対策を緩和し、6月から1日当たりの入国者数上限を現行の1万人から2万人に引き上げる方針を固めた。岸田文雄首相が山際大志郎経済再生担当相ら関係閣僚と協議して確認した。関係者が明らかにした。

無断転載・複製を禁じます