政府は20日、宇宙開発戦略本部(本部長・岸田文雄首相)の会合を開き、宇宙基本計画の工程表改定に向けた重点事項を決定した。米国が主導する国際月探査「アルテミス計画」の一環として、2020年代後半の日本人宇宙飛行士による月面着陸の実現を目指すほか、国際協力による火星探査の検討を進める。

 岸田首相は「米国人以外で初となる日本人飛行士の月面着陸の実現に向け、米国とともにアルテミス計画を推進する」とあいさつした。

 アルテミス計画は、日米欧などが参加。月を周回する基地ゲートウエーを建設して月面探査を進め、将来的な火星探査につなげる構想。

無断転載・複製を禁じます