19日、ホワイトハウスで談笑する(左から)フィンランドのニーニスト大統領、バイデン米大統領、スウェーデンのアンデション首相(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は19日、スウェーデンのアンデション首相、フィンランドのニーニスト大統領とホワイトハウスで会談した。米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を両国が18日に申請したことを歓迎。加盟手続き完了までの安全保障面での協力策を話し合い、反発するロシアをけん制する狙い。

 バイデン氏は会談終了後の記者発表で、スウェーデンとフィンランドはNATOへの加盟要件を「満たしている」と述べ、両国加盟により「NATOは強くなる」と訴えた。バイデン氏は加盟手続き完了までの間「あらゆる攻撃を抑止するために協力する」と表明した。

無断転載・複製を禁じます