キーウの米国大使館で星条旗を掲げる職員ら=18日(AP=共同)

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は18日、ロシアによるウクライナ侵攻で業務を停止していた首都キーウの米国大使館の業務を再開したとの声明を発表した。ウクライナ支援を継続する考えを示し、大使館から任務を遂行するとした。

 ブリンケン氏は声明で、ウクライナが自国を守った結果として「再び星条旗が大使館の上に掲げられている」と指摘。ロシア軍について、ウクライナに毎日「死と破壊」を与えていると非難し、「われわれは今後の課題に立ち向かう」と強調した。

 米国は、侵攻前の2月中旬に大使館機能を西部リビウに一時移転、同下旬の侵攻直前に外交官を隣国ポーランドへ退避させた。

無断転載・複製を禁じます