羽咋郡市広域圏事務組合消防本部羽咋消防署で16日以降、新型コロナ感染者が5人確認されたことが分かった。同署は18日から勤務体制を24時間3交代制から2交代制に切り替えた。

 同署では隊員29人が3班に分かれ、順に24時間勤務で業務に当たっている。このうち10人編成の班の5人の感染が判明し、別の5人も自宅待機となったため、残る2班での交代勤務となっているという。

 事務組合50周年を記念し、消防活動の各種訓練を披露する19日の組合長特別点検は中止する。

無断転載・複製を禁じます