油が流出したクレーン車=16日午前11時10分、金沢市大野町新町

 16日午前10時37分ごろ、金沢市大野町新町の金沢港運の倉庫横の荷揚げ場でクレーン車(350トン)から作動油約300リットルが流出した。金石消防署によると、金沢港運の職員がエンジンを始動させたところ、油が噴き上がったという。同署員がおがくずと吸着マットで油を処理した。海面にも少量流出した。

無断転載・複製を禁じます