国内外の名車が並ぶ会場=高岡市佐野

 国内外で生産された名車が集う「クラシックカーの世界inおとぎの森」は15日、高岡市の高岡おとぎの森公園で初開催され、愛好家らが会場に集まった55台の旧車に見入った。

 展示の中で最も古い1929年の「フォードモデルA」をはじめ、55年から北米、欧州向けに生産された「MGA」、世界に先駆けてディスクブレーキを搭載した「トライアンフTR3A」が並び、来場者は写真を撮ったり、車談議に花を咲かせたりした。同市石瀬の会社員谷田浩一さん(60)は「幼い頃に見た車や昔乗っていた車を見ると懐かしい思い出がよみがえった」と話した。

 ミニカーや鉄道模型の展示、フリーマーケットもにぎわった。

無断転載・複製を禁じます