水を張った棚田に映る「逆さ合掌」=南砺市の相倉合掌造り集落

 南砺市の世界遺産・相倉合掌造り集落で13日、水を張った棚田に合掌家屋が逆さまに映る「逆さ合掌」が見られ、初夏の風物詩が訪れた人の目を楽しませた。

 集落内では、21日に棚田オーナーが田植えを行う準備のため、田に水を張る作業が進められた。棚田は17区画あり、田植えには金大生や市外の会社員らが参加する。

 作業に当たった東山真さん(40)=相倉=は「苗が低いうちは逆さ合掌を見られる。初夏だけの景色を大勢に楽しんでほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます