いけすから水揚げされたギンザケ=氷見市漁業文化交流センター

刺し身を試食する林市長(左)ら参加者=氷見市漁業文化交流センター

 氷見市の宇波浦漁業組合は13日、試験養殖したギンザケの試食会を市漁業文化交流センターで開いた。今年1月から同市沖の海上に設けたいけすで育成したところ、出荷できる大きさになった。刺身を食べた出席者からは「臭みがなくておいしい」などと評価する声が聞かれた。同組合は月内の出荷を目指す。

 試験養殖は同市の支援を受けて行った。小境海岸から約500メートル沖にいけす2張りを設けた。1尾当たりの重さ200グラム、体長二十数センチだった魚は大きいもので重さ1100グラム、体長45センチ程度に成長した。平均は800グラム、40センチ程で、目標にしていた1200~1400グラムには届かなかった。

 試食会には氷見市内の民宿や仲買商、氷見商工会議所、市の関係者らが出席した。林正之市長は「期待以上のおいしさ。脂がのって軟らかい」と話した。民宿の女将からも「氷見産ということでお客さんに喜んでもらえそう」と歓迎する声が上がった。

 養殖では通信機能を持たせたICT(情報通信技術)ブイを活用した。海水温や酸素量、潮の流れを計測しており、収集したデータを今後の養殖に役立てる。

 宇波浦漁業組合が養殖に取り組むのは約40年ぶり。定置網漁が主力だが、フクラギやイカ、サバなどの漁獲は減少傾向で、補完的な資源としてギンザケ養殖に着目した。

 荻野洋一組合長は「評価してもらえたのはうれしい」と話し、来年度以降、餌やりの回数を増やすなどして、魚体が目標の大きさになるように努めるとした。

無断転載・複製を禁じます