野々市市が作成した筋トレを推奨する冊子=同市保健センター

 野々市市は11日までに、筋力トレーニングや有酸素運動の効果を紹介し、筋トレを推奨する冊子「レッツののトレ」を作成した。サッカーJ2・ツエーゲン金沢の三浦基瑛(もとあき)選手(同市出身)がモデルで登場し「一緒に頑張りましょう」と呼び掛けている。

 冊子はA4判で6ページ。ストレッチから4種類の筋トレ、運動後のクールダウンまで解説した。運動の効果として、筋肉量が増えて太りにくいほか、脳の老廃物を排出し、認知症予防になることを紹介。運動の継続を勧めた。

 市と明治安田生命保険が結んだ健康増進に関する連携協定を受けて作成し、ツエーゲン金沢の津川武久フィジカルコーチが監修した。500部を印刷し、健康教室や市保健センターで配布している。

無断転載・複製を禁じます