石川県内の感染状況

北陸三県の新規感染者数

 石川県は25日、331人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。累計は4万1892人。123人が療養を終え、県モニタリング指標では病床使用率を除く3項目が増加した。

 新規感染者のうち77・9%となる258人が経路不明で、中等症は3人。年代別では10代が81人と最多だった。モニタリング指標では病床使用率が14・0%(70床)に減少した。重症病床使用率は14・6%(6床)、新規感染者は2168人、経路不明者は1580人にそれぞれ増加した。

  ●臨時検査所は午後5時まで

 県は同日、大型連休中に金沢駅の駅西広場に設ける臨時検査所について、午前9時~午後5時に実施すると発表した。最終受付時間は午後4時で、検査料は無料。抗原検査を実施し、検査には約30分掛かる。身分証明書の提示が必要となる。

 県庁19階に開設するワクチン接種センターの予約率は、4月29日~5月1日は54・8%(592人)、5月3~5日は7・7%(84人)、同6~8日は5・9%(64人)となった。1日360人を上限に接種可能で、県が連休中の利用を呼び掛けている。

無断転載・複製を禁じます