10月30日に開催される第8回金沢マラソンの参加申し込みが25日午前10時までに1万3183人となり、定員の1万2千人を超えた。参加ランナーは抽選となることが決まり、結果は6月下旬に公表される。

 今大会の定員は前回から2千人増えた。組織委員会によると、今年の応募は24日に募集開始から6日間で1万2千人に達し、11日間で定員1万人を突破した昨年のペースを上回った。申し込みは5月25日まで受け付ける。

 一般ランナーは1万2803人で、このうち新設された地域ランナー枠には750人がエントリーした。出場権付きツアーは99人、県外在住者向けのふるさと納税枠は187人、県内在住者向けのチャリティー枠は94人で、いずれも前年同期を上回っている。

 組織委は石川県や金沢市、北國新聞社などで構成する。

無断転載・複製を禁じます