参院石川県選挙区補選は24日投票が行われ、自民前職の宮本周司氏(51)=公明推薦=の陣営が金沢市内のホテルで万歳三唱し、勝利宣言した。

 宮本氏は壇上で深々と一礼し、陣営幹部やスタッフらに「皆さまとともに勝ち得たチーム石川としての勝利だと思っている」と感謝を伝えた。新型コロナ感染対策や地域経済の復興を課題に挙げ、「これからも皆さまとともに歩んでいきたい」と呼び掛けた。

 比例代表からくら替えとなった宮本氏は中小・小規模事業者の支援強化を訴え、自民、公明の組織力を生かした戦いを展開した。党総裁の岸田文雄首相をはじめ、県入りした党幹部から後押しを受けた。

 開票は川北町の午後8時45分を皮切りに各市町で順次始まり、25日午前0時に終了する見込み。

参院石川県選挙区補選 開票速報

【関連記事】投票率は過去最低29・93% 参院石川県選挙区補選

【関連記事】投票率29.35%(午後8時半発表) 前回下回る

無断転載・複製を禁じます