県は21日、314人が感染し、高齢者福祉施設で県内187例目のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。累計感染者は4万499人。157人が療養を終え、モニタリング指標の3項目が減少した。

 福祉施設では利用者や職員計18人が陽性となった。新規感染者のうち227人が経路不明で、6人が中等症。年代別では10代が90人で最多だった。重症患者は1人増え、専用病床使用率は12・2%に上がった。

 石川県内の新型コロナ新規感染者は21日、市町別では金沢市が134人で最多となり、白山、加賀各市36人と続いた。県内の各自治体、教委などが発表した感染者は次の通り。

 ◇石川県▽8県立学校の生徒12人と教職員2人▽保健環境センターの50代男性職員

 ◇金沢市▽17市立学校の児童生徒29人▽正美保育園児2人、安原こども園児1人(24日まで休園要請)

 ◇白山市▽はくさんひかり園児1人(22日まで一部休園)ふじこども園児1人▽3市立学校の子ども8人

 ◇小松市▽市立学校の子ども3人▽粟津こども園の2歳児、3歳児各1人と職員1人(23日まで休園)

 ◇加賀市▽市議会事務局の職員1人(当該職員と接触のあった議員と職員を自主待機)5小中学校の児童生徒8人、2保育施設の園児2人

 ◇野々市市▽市立小児童1人、1市立中生徒3人▽放課後児童クラブ職員1人▽2保育施設職員1人、園児1人

 ◇七尾市▽石崎小児童1人(22日学級閉鎖)

 ◇能美市▽市立学校の子ども3人

 ◇輪島市▽公立保育所の保育士1人

 ◇志賀町▽町立学校の児童2人

 ◇中能登町▽鳥屋小児童、鹿島小児童各1人(いずれも22日学級閉鎖)

無断転載・複製を禁じます