舞台あいさつに立つ吉永さん(右)=長崎県五島市

 金沢を主な舞台にした吉永小百合さん主演の映画「いのちの停車場」の特別上映会が17日、長崎県五島市の福江文化会館で開かれた。五島列島には映画館がなく、島民に映画を届けたいと1日限りで企画された。舞台あいさつに立った吉永さんは「コロナの大変な時期にスタッフ、キャストが心を一つに合わせて作った思いのある作品を、皆さまに見ていただけて幸せなことです」と話した。

 五島の映画館は2004年に閉鎖した。上映会は、五島列島のツバキを活用して地域活性化を目指す「五島の椿プロジェクト」の特別企画。吉永さんはプロジェクトのサポーターを務めている。舞台あいさつには約1500人が来場し、主催した松下財団の松下剛代表理事もあいさつした。

 映画は在宅医療に携わる医師や患者、家族を描き、製作委員会には北國新聞社が参加した。

無断転載・複製を禁じます