校歌を歌う生徒=富山市杉原中

 県内15市町村の公立小中学校と義務教育学校などで24日、修了式が行われ、児童生徒が新学年へ期待を膨らませた。

 県によると、公立の小学177校、中学75校、義務教育学校3校と支援学校1校で式が行われた。私立の片山学園初等科でも行われ、春休みに入った。

 今月末で閉校となる富山市杉原中では1、2年109人が校舎に別れを告げ、最後の校歌を歌い上げた。

 松岡弘美校長が各学年の代表者に修了証を手渡し「一人一人に居心地の良い八尾中をつくってほしい」と呼び掛けた。杉原中は同市八尾中と統合し、4月からは新校舎で新八尾中として再出発する。

無断転載・複製を禁じます