天理戦に先発した星稜・マーガード=甲子園

 第94回選抜高校野球大会は第4日の22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦が行われ、第2試合で星稜(石川)が昨年4強の天理(奈良)に延長戦の末、5―4で勝利した。

 星稜は四回に先制し、八回に1点を加えた。その裏、同点に追い付かれたが、延長十回1死三塁から垣淵祥太朗の中犠飛で勝ち越した。

 その裏、2番手の武内涼太が2死一、二塁から左前適時打を浴び、再び同点とされた。しかし、十一回に代打・松田啓睦の二塁打などで2死一、三塁とチャンスをつくり、相手の悪送球で2点を奪って勝ち越しに成功。最終回は反撃を1点にしのいで逃げ切った。

 先発のエース右腕・マーガード真偉輝(マイキ)キアンは7回を被安打3、奪三振8、自責点1に抑えた。

無断転載・複製を禁じます