富山市は8日、市内で4月8~10日に開催を予定していた「第68回全日本チンドンコンクール」を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染の収束が見通せないためで、中止は3年連続となる。市は参加予定だったチームを、今後市内で開かれる別のイベントに招く予定としている。

 市によると、コンクールには東京、大阪など全国から28チームが参加を予定し、準備が進められていた。地域によってはまん延防止等重点措置の期間が延長されるなど依然として感染状況が落ち着かず、実行委の市と富山商工会議所は、チンドンマンや観覧者に安心して集まってもらうのが難しいと判断した。

 市は今後の感染状況をみながら、チンドンマンを数組に分けて既存の市内イベントなどに招き、ステージ出演してもらう。昨年までは参加チームの動画などを配信していたが、今年は市民がパフォーマンスを直接見られるようにしたい考えだ。

 チンドンコンクールは1955年に第1回が開催され、中止は4度目。2011年の東日本大震災に伴い初めて中止した。

無断転載・複製を禁じます