「ことまど」を使って制作した新聞

 北國新聞社は4月1日から、パソコンやタブレット端末で手軽に新聞が制作できるアプリ「ことまど」を石川県内で販売する。本紙や電子版を活用した学習を支援する教材として、小中学校などに活用してもらう。

 本社が3月1日付で「ことまど」を開発した神戸新聞社(神戸市)と販売代理契約を締結した。同日から本社で予約を受け付ける。機器にインストールする必要がなく、アカウントIDとパスワードでログインして利用する。

 児童、生徒が38種類の紙面レイアウトの中から気に入ったものを選び、自分だけの新聞を制作できるほか、一つの紙面を複数の端末から同時に編集することも可能。紙面は教員が確認、管理できる。

 料金は1人あたり年度ごとに220円(税込み)。企業、団体が利用する際は別料金となる。問い合わせは本社デジタル編集部=076(260)3477=、メールは=digital-info@hokkoku.co.jp=まで。

無断転載・複製を禁じます