男子500メートルで滑走する森重航=北京(共同)

 【北京共同】北京冬季五輪第9日の12日、スピードスケート男子500メートルで初出場の森重航(21)=専大=が34秒49で銅メダルを獲得した。日本のスピードスケート男子で2010年バンクーバー五輪500メートル2位の長島圭一郎、3位の加藤条治以来、3大会ぶりの表彰台に立った。

 抜群のスケーティング技術でゴールラインを駆け抜けた。今季急成長した新星で、初めて参戦したワールドカップ(W杯)で初勝利。日本勢2人目の33秒台を出した勢いでメダルをものにした。

無断転載・複製を禁じます