【ニューヨーク共同】カナダの女性シンガー・ソングライター、ジョニ・ミッチェルさんは28日、新型コロナスワクチンを巡る「うそを拡散している」として、スウェーデンの音楽配信大手スポティファイからの楽曲配信を拒否するとウェブサイトで発表した。既に同様の意向を表明したロック歌手ニール・ヤングさんと「連帯する」とした。

 スポティファイが配信するポッドキャスト番組でコメディアンのジョー・ローガン氏がワクチン懐疑論者を取り上げた。ミッチェルさんは「人々の命を危険にさらすうそを拡散している」と批判。「スポティファイから全ての楽曲を取り去ることを決めた」と表明した。

無断転載・複製を禁じます