新人合同練習最終日、ノックを受けるDeNA・小園=神奈川県横須賀市

 DeNAのドラフト1位新人の小園健太投手(市和歌山高)が29日、神奈川県横須賀市での新人合同練習を打ち上げた。3度ブルペンに入って投げるなど順調に調整を進め「すごく充実した1カ月だった。自分としてはいい状態。100点とはいかないけど、80点はあげられる」と満足そうに振り返った。

 キャンプは1軍でスタートする。「まずは先輩方のプレーを見て勉強して成長できたら」と謙虚に意気込んだ。体づくりを最優先に練習メニューが組まれる見込みだが「プロの選手と対戦して分かる部分もあると思う。対戦してみたい気持ちはある」と実戦登板への意欲も見せた。

無断転載・複製を禁じます