28日、米ピッツバーグの橋崩落現場で初動対応に当たった関係者と話すバイデン大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が28日、看板政策のインフラ投資法をアピールする遊説のために訪問した東部ペンシルベニア州ピッツバーグで橋が崩落した。現場を視察したバイデン氏は「長年インフラ整備がこれほど遅れていたとは、あきれるばかりだ」と嘆き、老朽化した橋は「全部直す」とインフラ投資法の必要性を強調した。

 米メディアによると、崩落で死者は出なかったが、バスが動けなくなり、救助隊員らが車内から乗客らを救出した。

 昨年11月に成立したインフラ投資法は総額1兆ドル(約115兆円)規模で、バイデン政権の主要な成果となっている。

無断転載・複製を禁じます