退任するブライヤー判事(左)と記者会見するバイデン大統領=27日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米連邦最高裁で最高齢のリベラル派スティーブン・ブライヤー判事(83)は27日付のバイデン大統領(民主党)宛ての書簡で、今夏に退任する意向を表明した。バイデン氏は同日、後任について「大統領選での公約を守り、初の黒人女性を指名する」と明言した。具体的な人選は2月末までに発表する。

 最高裁の判断は、人工妊娠中絶や銃規制の是非など米社会を二分する問題の行方を左右する。最高裁判事は終身制で、現在の構成は保守派6人に対しリベラル派3人。バイデン氏はリベラル派を指名する見込みで、構成は変わらない。

無断転載・複製を禁じます