原発事故による被ばくで甲状腺がんを発病したとして、東電に賠償を求め提訴に向かう原告弁護団ら=27日午後、東京地裁前

 東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくの影響で甲状腺がんになったとして、事故当時6~16歳で、福島県に住んでいた男女6人が27日、東電に計6億1600万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。原告の20代女性は同日、東京都内で記者会見し「差別を恐れ、がんについて誰にも言えずに過ごしてきた。声を上げることでこの状況を変えたい」と訴えた。

 福島県の専門家会議は、被ばくと甲状腺がんの因果関係について「現時点で認められない」としており、訴訟では因果関係の有無が最大の争点になる見通し。

 東電は「請求内容や主張を詳しく聞いた上で誠実に対応したい」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます