石川県議会事務局は27日、石田忠夫県議(79)=自民=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。石田氏は26日、喉に違和感があったため医療機関を受診し、PCR検査で陽性が判明した。2月1日の2月定例会開会日は欠席する見通し。県議会で感染者が出るのは初めて。

 石田氏は26日、議場で開かれた予算委員会協議会に出席した。同協議会には、欠席した稲村建男県議を除く全議員が出席しており、保健所などが濃厚接触者の有無を調べている。議会事務局は、全議員が自主的にPCR検査を受けられるよう調整を進める。

 向出勉議長は「各議員に対し、あらためてマスクの着用や手洗いの徹底など感染防止に努めるよう周知する」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます