多数の車が絡む事故があった首都圏中央連絡自動車道の現場=27日午前11時38分、千葉県木更津市(共同通信社ヘリから)

 27日午前8時5分ごろ、千葉県木更津市真里谷の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)内回りで「車10台ぐらいが絡む事故があった。霧がすごい」と110番があった。県警や消防などによると、ワゴン車や乗用車など計12台が衝突し、計19人がけがを負った。

 現場は片側1車線の対面通行で、木更津東インターチェンジ(IC)と市原鶴舞ICの間。当時、千葉県内は濃霧注意報が出ており、県警は霧が原因の可能性があるとみて調べる。

無断転載・複製を禁じます