●中等症2人以外は軽症、無症状

 石川県は26日、504人が新型コロナに感染したと発表した。一日の公表数では過去最多。感染経路不明者は337人で、入院・療養の待機者は1013人に増加した。中等症は2人で、残りはいずれも軽症か無症状だった。1月の感染者は2722人で、感染者の累計は1万771人。

 新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」は27日、石川県など18道府県に追加適用された。2月20日まで。

 26日はクラスター(感染者集団)関係は金沢市の医王ケ丘病院や高校運動部、保育園など7件で新たに計45人の陽性が判明した。

 504人のうち年代別では20代が90人と最多で、10歳未満89人、10代87人と続いた。30代以下は349人で全体の69・2%を占めた。

  ●オミクロン株97.8%

 県が今月の感染者のうち46人を調べたところ、97・8%となる45人がオミクロン株だった。これまで県内で確認された同株は計79人、比率は97・5%となった。

無断転載・複製を禁じます