神奈川県庁

 神奈川県は26日、新型コロナの新変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、若年で重症化リスクが低い感染者は、医療機関を受診しなくても自宅療養を開始できる仕組みを28日から導入すると発表した。自主検査の結果を利用し、検査が集中して逼迫する外来医療機関の負担を軽減したい考え。

 厚生労働省は24日、医療機関を受診せず自宅療養を開始することを認める方針を発表。県によると、全国に先駆け、この仕組みでの自宅療養を検討していた。

 6~49歳で基礎疾患や肥満など重症化リスクのない人が対象。対象者でも従来通り受診してから、療養に入ることもできる。

無断転載・複製を禁じます