石川県内の新型コロナ新規感染者は25日、金沢市が214人と県全体の6割を占め、白山市55人、野々市市20人と続いた。

 県立高では輪島、金沢商、県工の生徒各1人が感染しいずれも26日は休校する。県南加賀土木総合事務所の30代男性職員、県石川中央保健福祉センターの40代男性職員も陽性だった。

 金沢市では中村町、中央、千坂、花園、三和、西南部の6小学校で児童計12人と教職員1人、城南、小将町、長田の3中学校で生徒計7人が陽性で、28日まで休校や一部学年が自宅待機となる。金市工高は生徒5人が感染し、1学級が26日自宅待機。別の市立学校10校の子ども計22人も感染した。

 認定こども園すくすくふたばの園児1人、北安江保育園の園児2人と職員1人、第一善隣館保育所園児1人が感染し、28日まで休園する。市職員の3人、市企業局職員、中央卸売市場従業員、金沢美大生の各1人の陽性も分かった。金沢家裁は家事調停委員の60代女性の陽性を発表した。

 白山市ではクラスター認定の千代野保育所で職員6人、園児38人の感染が分かり、31日まで休所。クラスター発生のあかねこども園では27人が感染し29日まで休園する。市内の別のこども園と7小中学校で計8人、美川消防署職員1人の感染が判明した。

 野々市市では2小学校の児童各1人と保育園児1人が陽性となり、2小は26日休校。市子育て支援センター菅原は感染疑いの職員がおり、27日まで休所する。

 クラスター発生の能美市粟生保育園で園児1人が感染し、累計75人。能美市立学校の子ども1人、小松市立学校の子ども2人、加賀市の2小学校の児童各1人が陽性となった。七尾市小丸山小児童4人が感染し、26~28日は休校となる。

 富山県は100人、福井県は125人の陽性が確認された。重症者はいない。

無断転載・複製を禁じます