昨年の映画概況を発表する日本映画製作者連盟の島谷能成会長=25日午後、東京都内のホテル

 日本映画製作者連盟(映連)は25日、2021年の映画概況を発表した。邦画のみの国内興行収入(興収)は1283億円で、新型コロナウイルスの影響がなく過去最高だった19年と比べて90%まで回復した。一方、洋画興収は低調が続いたため、興収総額は1618億円にとどまり、現行の統計方法が始まった00年以降で2番目に少なかった。

 21年の入場者数も1億1481万人で、映連が発足した1955年以降2番目の少なさだった。

 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を筆頭に、「名探偵コナン 緋色の弾丸」、「竜とそばかすの姫」と、邦画の興収上位3作品をアニメが占めた。

無断転載・複製を禁じます