広島市で始まった坪井直さんを追悼する展覧会=25日午後

 核兵器廃絶運動に尽力し、昨年10月に96歳で亡くなった日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員の坪井直さんを追悼する展覧会が25日、広島市中区の「ギャラリーG」で始まった。坪井さんと交流があったアーティストたちが「坪井さんから受け取った平和への思いを伝えたい」と企画。入場無料で30日まで。

 展覧会では、坪井さんを写したポートレートや、高校生が坪井さんの半生を聞き取って記録した冊子などを展示。アーティストによるトークイベントは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になり、収録した映像をオンラインで配信する。

無断転載・複製を禁じます