ボクシング世界王者のまま自動車事故で急逝した大場政夫の墓に手を合わせるファン=25日、埼玉県宮代町の妙本寺

 ボクシング世界王者のまま自動車事故により23歳で急逝した大場政夫の「五十回忌」の命日に当たる25日、埼玉県宮代町の妙本寺にある墓に手を合わせるファンらの姿が見られた。

 「拳王院法政信士」の戒名が刻まれた墓には、ファンや関係者からの花や線香が供えられた。東京都武蔵村山市から車で来た渡辺督士さんは「毎年、命日と春、秋の彼岸にお参りする。安らかに眠ってください、日本のボクシング界を天国から見守ってくださいとお祈りした」と話し、故人をしのんだ。

 東京都出身の大場は1966年に帝拳ジムからデビューし、70年に世界フライ級王座に。73年に首都高速道路で事故死した。

無断転載・複製を禁じます