焼き肉チェーン店の肉匠坂井富山黒瀬店(富山市)と同中川原店(同)は24日までに、ホームページで休業を告知した。両店は昨年4月に破産手続き開始を申請した総合建設業、相澤建設(富山市)の関連会社が運営している。

 両店を運営する「ゆらら」(砺波市)は21日、温浴施設「湯来楽(ゆらら)砺波店」を休業している。

 肉匠坂井は、焼肉坂井ホールディングス(名古屋市)が全国展開し、富山県内では両店と赤祖父店(高岡市)の計3店がある。直営の赤祖父店は営業を続けている。富山黒瀬、中川原店については「20日から一時休業」と案内した。

無断転載・複製を禁じます